Onoda Lecture Feature

Yasuaki Onoda Lecture, Nov. 17

GIA Talk Series

Yasuaki Onoda Lecture: Pre-Design Thinking of Architecture—Something Required for Embodiment of Worthy Architecture

Yasuaki Onoda Lecture19:00-21:00, Mon., Dec. 17, 2018
Graduate Institute of Architecture, NCTU
HA105

Yasuaki Onoda, Professor
Department of Architecture, Tohoku University

Visiting Professor, University of Hong Kong — 2015
Architectural Institute of Japan, Committee Member (Director of Enterprise) — 2013-15
Good Design Award — 2011
Architectural Institution of Japan Prize for Design — 2003

1963年金沢市生まれ/東北大学大学院 都市・建築学専攻 教授/同 災害科学国際研究所 教授/博士(工学)/一級建築士/建築のソフトとハードを繋ぐ「建築計画者」として、せんだいメディアテーク(設計:伊東豊雄)、横須賀市美術館(設計:山本理顕)、流山おおたかの森小中学校(設計:小嶋一浩、赤松佳珠子+CAt)等に関わる/東日本大震災以降は、釜石市復興ディレクター、石巻市復興推進会議会長、七ヶ浜町復興アドバイザーなど、良質の復興に貢献/近年は、英国の手法を取り入れた質の高いデザインビルド(小田原市民ホール)など新しい建築発注方法開発に注力/建築作品に、くまもとアートポリス苓北町民ホール(日本建築学会賞作品2003)、東北大学百周年記念館萩ホール(公共建築賞2016)(以上、阿部仁史と共同)/著書に『集合住宅の新しい文法-東日本大震災復興における災害公営住宅』(2016年、新建築社)『プレ・デザインの思想』(2013年、TOTO出版、日本建築学会著作賞2016)